中小企業の新電力・採用・企業法務を支援|BRANDERS

一般社団法人 日本JP機構
menu

ブランドは新たな企業価値をつくります。中小企業の新電力・採用・企業法務を支援 日本JP機構

信用調査から“信頼調査”へ 中小企業の新電力・採用・企業法務を支援 日本JP機構

BRANDERSの格付けアプローチは、既存の信用調査とは全く異なります。
これまで評価されにくかった、企業の将来性、成長性、そして、社会への貢献意欲をベースに、真の企業の姿をレーティングします。
企業は、自社の真の姿を世に問い、正しく評価されることで、新たなパートナー企業と出会い、新たな人材が集います。
また、健全なる企業経営をサポートする、新たな専門家との出会いも生まれます。
BRANDERSは、企業の信頼を紡ぐことによって格付けし、Aランクの企業経営に向けてサポートする、国内初のプラットホームです。

BRANDERSの考える
人、モノ、カネ、エネルギーとは

Aランク新採用 中小企業の採用活動を支援

求人企業がもつ、本当の実力、事業基盤、将来に向けての魅力を、日本JP機構が格付公開し、知名度とは一味違う、真の実力値を学生と親に訴えるプラットホームを提供します。学生と企業の直接対話の場をつくり最適なる人材マッチング(Aランク新採用)を創造します。

Aランク新採用 中小企業の採用活動を支援

Aランク新公開市場 中小企業のビジネスアイデア、技術の事業化を支援

日本JP機構が提供するプラットホームの総集編“ビジネス公開市場”は、
企業のビジネスアイデアや、技術、それぞれのノウハウを紡ぎ、事業化に導きます。
ビジネス公開市場での開示により、中小企業は、大きな格付けを得ることができ、Aランクのパートナーと出会える他、JPBM専門家チームの支援を受けることができます。
※JPBMとは一般社団法人 日本中小企業経営支援専門家協会。中小企業経営に専門知識と高度な知見を有する税理士、公認会計士を中心とした真の職業専門家集団。

Aランク新公開市場 中小企業のビジネスアイデア、技術の事業化を支援

〈NEWS〉

〈一般社団法人日本JP 機構とは〉

日本JP機構は全国の会計事務所や機械商社など専門企業や団体と連携し、中小企業様の電力コスト削減をはじめ、経営の活性化を応援する一般社団法人です。運営および新電力会社との専門的な折衝は、大阪ガスの100%子会社であるエナジーバンクジャパン株式会社(EBJ)が受託しています。

Campany Profile

会社名 一般社団法人 日本JP機構
所在地 東京都港区芝大門2-12-3
電話番号 03-6435-8245
FAX 03-6435-8246
設立 2015年11月
資本金 基金なし
役員
  • 代表理事岡田 育大
  • 監事上田 昌宏
事業内容
  1. 共同購入運用による会員相互の経営環境向上支援事業
  2. 会員の経営環境改善、向上に資する商品・サービス等の開発、運営事業
  3. 会員の省エネルギーに資する方法の調査・研究および商品・サービスの開発、運営事業
取引銀行 みずほ銀行 浜松町支店
沿革 2015年11月設立

全国の会計事務所と連携し中小企業経営者を応援する一般社団法人です。
想いを同じくする各分野の専門家企業、団体が「協賛企業」として参画しています。